2012.07.04

富田八幡宮(とだはちまんぐう)

「山陰の鎌倉」とも呼ばれる、この広瀬の町に

とても素敵なエピソードを持つ神社があります。

現在の社殿は、寛政7年(1795)に再建されたもの。

とても趣のある社殿で、何か神秘的なパワーを感じます。

 dscn1916.JPG

保元平治の頃(1156~59)、

平家の武将・藤原景清が月山富田城を築く際、

月山山頂にあった「勝日神社」を移すことになり、

ある夜白羽の矢を夜空に放ったところ、

向こう岸の松の木に刺さったため、これを神意として

現在の八幡宮に移したとの逸話もあるそうです。

dscn1907.JPG 

当時の広瀬藩の建築技術の「粋」を集めた貴重な建物として 島根県指定有形文化財にしていされています。

迫力のある龍の彫刻は見事なものです。

dscn1922.JPG

境内には白羽が刺さったとされる松の木があります。

ぜひ、その松の木を見に行きませんか?

白羽の矢に託された思いを感じることが出来れば

パワーをもらえるかもしれません。

dscn1909.JPG

 

Comments are closed.