2009.12.24

母里(もり)市

今年も早いもので残すところ1週間となりました。

この季節になるとやって来るのが、伯太町の母里市です。

 

安来では知らない人はいないくらい歴史が深いイベントです。

実はその歴史の深さ、ハンパなく深いです。

 

何と母里市は天保2年(1831年)から始まった市で、毎年12月25日に開かれる伝統行事なのです。

 

伯太町のメインストリート(旧県道沿い)に露店がズラリと並び、正月用のしめ縄や地元の野菜や海産物が所狭しと並べられ、お正月用品を求めに県内外から大勢の人が訪れます。

 

皆さんも、歴史深い母里市に足を運んでみてはいかがでしょう。

Comments are closed.