2009.01.13

「構えて、撃って、狙いを定める」

昨今の地域経済を取り巻く経営環境は厳しく、現状を維持することさえ難しい状況にあるのは言うまでもありません。


 

しかしながら、このまま何もせずに新しいことに挑戦する気持ちを無くしては、今後の事業発展だけでなく、現状維持も難しくなり、いずれは衰退の一途を辿るだけではないでしょうか。


 新しいことに挑戦することは、体力も必要ですし、リスクだって伴うかもしれません。

リスクを気にする余り、せっかく思いついた事業のアイデアを胸にしまいこみ、それっきりになってしまうことも多いのではないかと思います。


 これはリスクを恐れるあまり、自ら可能性を失ってしまっているのです。

事業を継続していく上で『挑戦する』という気持ちは非常に大事だと思います。


 

昨年本会で開催した経営革新塾の講師先生の言葉が今も心に残っています。


 

ビジネスを成功させる為には、『構えて、狙いを定めて、撃つ』のではなく、『構えて、撃って、狙いを定める』ことが重要だと言う事です。


 

『ある程度具体的なプランがあれば、実行してみる。そうすれば大体の流れをつかむ事が出来るし、何が足りなかったか、何を改善すれば良いかが分かる。それからもう一度挑戦する。そうやって何回か繰り返していけば、だんだん中心に近づいていくものだ。』

これは一見効率が悪いように見えるかもしれませんが、一番早く成功にたどり着く方法です。


 

もしも何か胸にしまった事業のアイデアがあるのなら、その事業の実現に向けて一歩踏み出しましょう!


 商工会は会員の皆様と一緒になって考え、経営革新のお手伝いをさせて頂きます。
何かありましたら何なりとご相談下さい。

Comments are closed.