2010.04.16

パワースポット

最近、パワースポットを巡るのが人気だそうです。

ちなみに「パワースポット」とは、科学的な根拠はなく、「風水やスピリチュアルの観点からエネルギーが集中している」と見なされている場所のことらしいです。

 

まあ、自分がその場所でパワーを感じれば「パワースポット」なんでしょうね・・・。

 

ということで今回は私がお勧めする安来市のパワースポットを紹介したいと思います。

 

それは、富田八幡宮です!!

 

  dscf0403.JPG

 

富田八幡宮は、その昔、平家の武将平景清が富田城築城にあたって、月山山頂にあった社を現在の八幡山に移したと言われています。

 

  dscf0397.JPG   dscf0398.JPG

 

長い階段を上り、門をくぐると参道があります。

 

参道は苔むした石畳が両脇にそびえる老松古杉の大樹に覆われ森厳さを保っています。

 

 dscf0400.JPG  dscf0399.JPG

 

この参道に立ち、大樹に囲まれていると、何だか不思議な気持ちになります。

まさに、パワーをもらえる気がします。

 

長い参道を抜けると、いよいよ本殿。

 

 dscf0402.JPG  dscf0404.JPG

 

見るものを圧倒する、富田八幡宮。

 

皆さんもパワーをもらいに出掛けてみてはいかがでしょう♪

 

富田八幡宮

 

2010.04.12

尼子神社例祭

4月10日(土)、尼子神社で恒例の例祭を執り行い、竹矢宮司を斎主に中村会長ら商工会役職員が参列し神事を営み、神前に玉ぐしをささげて今年一年の商売繁盛を祈りました。

 

 dscf0411.JPG  dscf0416.JPG

 

当日は天候に恵まれ、太鼓の壇に咲き誇る桜は満開で、とても綺麗でした。

 

 dscf0406.JPG

 

ここで、尼子神社について説明しておきます。

 

   dscf0413.JPG

 

尼子神社は、かつて広瀬町にある月山富田城を拠点に、山陰・山陽十一カ国に号令した戦国の覇者、尼子一族の時代に栄えたように広瀬の町を繁栄させようと、明治時代に尼子十勇士が活躍した月山・太鼓壇公園の一角に建立され、この後商工会が毎年、尼子氏の霊を慰めるとともに産業の発展を祈願して祭礼を営んでいます。

 

現在は安来市商工会として、広瀬・伯太地域の発展と商売繁盛を祈願し、祭礼を執行しています。

 

  尼子氏について:http://www.city.yasugi.shimane.jp/p/2/3/8/7/

 

会員の皆さまも是非とも参拝いただき、商売繁盛の御加護をお受けください。

 

 

2010.04.05

やすぎのひなめぐり

4月2日から6日までの5日間、安来市の広瀬・布部・母里地区で「やすぎのひなめぐり」が開催されています。

 

昨日は天気も良く、絶好の行楽日和。

私も家族で出掛けました♪

 

昨年も行ったんですけど、今年も個性あふれる沢山のお雛様が出迎えてくれました。

 

 dscf0372.JPG     dscf0373.JPG

 

 dscf0375.JPG     dscf0385.JPG

 

広瀬町内の中心地約100軒ものお宅の窓辺や玄関口に、各家庭で伝わるお雛様がずらりと並んでいます。

 

   dscf0386.JPG

 

この写真は、広瀬町の旧家秦邸に伝わる明治期の人形です。

歴史を感じますね。

 

また、当日は手作りの鎧兜を身にまとった武者隊が町内を練り歩き、尼子時代の趣を感じさせてくれました。

 

   dscf0377.JPG     dscf0378.JPG

 

この鎧兜、実は段ボールでできているんです!!

この完成度、恐れ入ります・・・。

 

最後に行ったのは、清酒月山で有名な吉田酒造。

3日・4日の両日は酒蔵を開放しておられ、見学も可能でした。

 

吉田酒造は広瀬の中心地にあり、まさに広瀬のシンボルみたいなとこです。

酒蔵を抜けた敷地の奥には茶室があり、お抹茶席が設けてありました。

 

   dscf0384.JPG      dscf0382.JPG

  

全く作法も分かりませんが、とりあえず一服。。。

月山(がっさん)を眺めながら、日常を忘れ癒しの時間を過ごしました。

 

この「やすぎのひなめぐり」は明日まで開催されてますので、興味のある方は是非とも広瀬町へお越しください♪

 

 

2010.04.01

ゲゲゲのつなぎ石♪

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が3月29日より放映がスタートし、本日で第4話目が終了。

 

今週は「ゲゲゲの女房のふるさと安来」というタイトルで放映しており、安来市の大きなPRになってます。

 

ゲゲゲの女房の原作者であり物語の主人公の飯塚布枝さんは安来市大塚町の出身。

大塚町ではゲゲゲの女房の放送に併せ、地域で様々な取り組みをされています。

 

その中でも、安来市の新名所になりそうなのが「つなぎ石」です。

ちなみにこんな感じ。(画像が小さくてすいません・・・。)

 

    jbztrwu1.jpg

 

この「つなぎ石」はゲゲゲの女房さんの生家の前に位置しています。

物語でも出てきますが、この生家は水木しげるさんと布枝さんがお見合いをし、何と5日後にスピード婚した場所です。

 

水木夫妻がはじめて出会い、つながった場所。

 

まさに『ご縁スポット』です♪

 

この『つなぎ石』は、繋がりたい人と両方から手を入れ、手をつなぐと夫婦円満、ベストカップルになれるらしいです♪

 

誰かと繋がりたい人、今すぐ大塚へ行ってみましょう!!

 

ゲゲゲの女房 安来市観光サイト:

http://www.city.yasugi.shimane.jp/p/2/3/24/01/