2008.09.25

商工会女性部中国・四国ブロック交流会

 9月4日、5日に女性部中国・四国ブロック交流会が松江市で開催され、県内外から1,000人を超える参加がありました。

 

 毎日、お天気が不安定で、晴れるんだろうか・・・と心配していましたが、当日は、前日の雨がうそのようで、秋風のさわやかな良い天気になりました。

 

 安来市商工会からも、34名の部員さんに参加していただき、役員を初め部員さんは2ヶ月ほど前からの準備で大変だったと思いますが、みなさんの願いが届き、おだやかな1日でした。

 

p9050085.JPG

 

 9月4日は各県の代表者の主張発表・基調講演・懇親会があり、翌日は、県内各地を巡る移動研修が6コース計画され、とても充実した交流会でした。

 

 主張発表では、各県の代表の女性部活動・まちづくりについて感動したり、同感したりされ、『売れない店は「7つの力」で甦れ!』~人が集まる仕掛けはこうしてつくる~と題された基調講演では、㈲書肆おおさきや、代表取締役  大咲 元延 氏の基調講演に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 

 懇親会では、わが安来市商工会の女性部も、雲東地区4商工会の女性部員さんと、安来節の男踊り・女踊りを披露されました。たくさん練習されたのに写真を載せられなくて、ごめんなさい。

 

 売店も設けられ、休憩のたびに売店はにぎやかで、みなさん島根県のさまざまな特産品にとても満足していただいたようです。 

 

p9050093.JPG      p9050089.JPG

 

 安来市商工会の売店コーナーでは、和菓子・地酒・金ざん寺みそ・番茶・ヨーグルトなどを販売し、みなさんにたくさん買っていただきました。

みなさんの荷物が、休憩のたびに増えますが、買う人も売る人もみんな笑顔です。

 

 部員のみなさま、ほんと~にお疲れ様でした。みなさんの笑顔が輝いた2日間でした。

 

 

 

 

 

安来市商工会 経営革新塾(第5日目)

昨日、第5回経営革新塾(最終回)を実施しました。

 

最終回はこれまでに各自が試行錯誤しながら作成した事業計画書の発表会と意見交換会を実施しました。

 

以下はその模様です。

 

dscn0581.JPG   dscn0583.JPG   dscn0584.JPG

 

持ち時間は5分発表で、5分意見交換の計10分です。 

 

dscn0585.JPG   dscn0586.JPG   dscn0587.JPG

 

熱が入りすぎて10分を大幅に超える事業計画の発表をする受講生もいました・・・。 

 

dscn0588.JPG   dscn0589.JPG   dscn0590.JPG

 

こういった研修会はまさに『異業種交流会』です。

 

モチベーションの高い異業種の経営者や後継者が集まり、意見を交わすことで、自分ひとりでは考えもつかなかった発想やアイデアが生まれました。

 

受講生の皆さんも熱心に謙虚な姿勢で意見を聞き、様々なヒントを得ていました。 

 

dscn0591.JPG  dscn0592.JPG  dscn0593.JPG

 

今回の事業計画書の発表会では、受講生それぞれ出来、不出来はあったにせよ、自分の思いを文字にすることで、頭の中が整理されたと思います。

 

次はそれを実行するのみです。

 

経営革新塾は終わりましたが、大事なのはこれからです。  

 

商工会は皆さんと共に、『思い』が『カタチ』に出来るように全力でサポートします!!

 

皆さん、一緒に頑張りましょう!!

 

追伸 

受講生の皆さん、計5日間、熱心にご参加頂きまして本当にありがとうございました。

今後の事業所の更なる繁栄を期待しています。

 

 

2008.09.18

安来市商工会 経営革新塾(第4日目)

 昨日、第4回目の安来市商工会経営革新塾が開催されました。

 

 今回は、これまで研修で分析した各項目の内容を基に、いよいよ自社の経営革新計画書の作成に入りました。

 

 また受講生の中には、3回目終了後すぐに自社の事業内容をまとめ、先生に直接FAXして赤ペン先生をしてもらっている人もいました。

 

 モチベーションが高いですね~!本当、関心しました♪

 

 この経営革新塾も回を増すごとに、受講生の皆さんの経営革新に対する必要性や意識が深まり、我々事務局も本当に喜んでおります。

 

 次回はいよいよ経営革新計画書の発表となります。

 受講生の皆さん、大変だと思いますが次回までにしっかりと仕上げてきてくださいね。

 

 期待しています♪

 

2008.09.11

安来市商工会 経営革新塾(第3日目)

 昨日、経営革新塾の第3回目が開催されました。

 

 juku3-3.JPG

 

 今回は顧客や商品・サービスを明確化するポイントや販売計画策定の考え方について学びました。

 

  juku3-4.JPG   juku3-2.JPG

 

 また、今回は電卓片手に売上高予測や損益分岐点分析の手法を演習し、数字と格闘しました・・・。

 受講生の皆さんは後継者の方がほとんどですが、今のうちから数字に慣れて、経営者の感覚で仕事をするように心がけて欲しいものです。

 

 ちなみに、この本は今回の研修で受講生に配ったものです。

 

 juku3-1.JPG

    『CHANCE』 著:犬飼ターボ

 

 この本には経営者としての考え方や振る舞い方など、様々なエッセンスが凝縮されていて、読み終わると元気が湧いて来る気がします。 

 

 個人的に皆さんに読んで欲しかったので、今回教材として配布しました。

 

 皆さんも1度読んでみてはいかがでしょう?

 

 それでは受講生の皆さん、次回も頑張りましょう!!

 

2008.09.04

安来市商工会 経営革新塾(第2日目)

昨日、安来市商工会経営革新塾の第2回目を開催しました。

今回は、経営革新の考え方(経営戦略構築の流れ、自社環境分析)について学びました。

また、今回はグループに分けて、『SWOT』分析という手法を使い、今後の経営の方向性を検討しました。

 

 juku2-1.JPG  juku2-2.JPG 

 

 juku2-3.JPG

 

この『SWOT分析』によって、自社にとってプラスになる「機会」やマイナスになる「脅威」、自社における「強み」や「弱み」を文字にすることで、頭が整理され、自社が現在どのような状況にあるのかを総合的に判断することが出来ました。

 

孫子の兵法に、『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』という格言がありますが、経営革新計画を策定する上でも同じことが言えると思います。

すなわち、自社の置かれている内部環境や外部環境を把握し、分析することで自社を知ることが大事であると思います。

 

今回の受講生の皆さんが、今後、経営革新をする前に、『戦う前からもうすでに勝っている状態』を作り出してから戦いに挑めるようにしていけたらと思っています。

 

受講生の皆さん、あと3回頑張っていきましょう♪